カードローンの融資には助けられています
カードローンの融資には助けられています

カードローンの融資には助けられています

生活費や光熱費などの支払いや、借入金の返済金が不足して困っている時には、銀行や信販会社などのカードローンによる少額融資はとても助かります。生活の一部になってしまっている人も多いのではないでしょうか。会社勤めのサラリーマンは、給料の収入だけでは足りないことがほとんどではないでしょうか。冠婚葬祭などで急な出費がある場面に直面することもあるでしょう。そんな場合でも、カードがあればとりあえず体裁を保つことができるのです。ただし、ボーナスなどで補てんしないと永遠に借入依存の体質は変わりません。予想よりもボーナスが多かった時にはカードの融資可能残高が元に戻るので、さらに安心な状況が続きますが、逆にボーナスが予想よりも少なかった場合には、融資可能残高は元に戻りません。いざという場合の安心感は減ってしまうのです。初めからカードローンを当てにしない生活ができればベストですが、なかなか思い通りにいかないのが世の常です。私は借入金の返済や光熱費や税金などの支払いに困窮した時には、カードローンで融資をしてもらい、何とかしのぐことが数回続きました。こうなると、もはやカードによる借入ができないと生活に支障を来たすことになります。ボーナスでなんとか改善しようと思っても、当てにならないものに頼ることはとてもリスキーなのです。実際にボーナスは何年も増える局面にはならず、常にピーピー言っている状態が続きました。そして、ついに多重債務に陥りどうしようもならなくなってから、法テラスに相談に行くことになったのです。私が反省し、後悔していることは、カードローンを当てにした生活が日常になった時点で法テラスに相談に行くべきだったということです。早めに相談に行っていればカードによる借入件数も金額もそれほど増えることはなかったでしょう。全ては私の見込みの甘さによるものでした。会社のボーナスに期待した甘い自分に腹が立つのです。

関連キーワード

Copyright (C)2016カードローンの融資には助けられています.All rights reserved.